やはり最強のお掃除グッズは、雑巾かと思います。

昨今は星の数ほどの種類のお掃除グッズがお店に並んでいます。

その中でも、主婦に逃れられない「拭き掃除」のグッズも、いろいろと試してみました。

化学雑巾とか、マイクロファイバー、柄のついたモップ状の物などいろいろですが、特に種類が多いのが立ったまま床ふきをするフローリングワイパーのシートです。

百均から、昔からのブランドやプライベートブランドまであり、素材は薄い物から嵩のある物まで様々です。

どの商品も、謳い文句は似たようなもので、「細かいホコリや髪の毛まで絡め取ります」という説明です。

高い物はフカフカでいかにも汚れが取れそうなシートです。

確かに安物よりは高い方が良く汚れやホコリが取れます。でも、ささっと家中ワイパーを使ってあっという間にゴミ箱行きとはこれ如何になのです。

そんな時に、ふと、「残った牛乳」の使い道の一つとして、バケツに水で薄めて拭き掃除に使うという情報を見ました。

牛乳の残りならよくありますし、賞味期限ぎりぎりで捨ててしまうこともあります。

試しに、残っていた牛乳を薄めて5枚くらいの雑巾を一気にすすいで絞り、家中の拭き掃除に使ってみました。

床を拭くと、どんなシートよりもごっそり汚れやホコリが取れました。

思えば、雑巾は市販シートに比べて厚みはダントツにあります。

それに、洗剤や水だけを使うよりは手が荒れにくいのも嬉しいことです。

今後はたぶんずっと雑巾と残りの牛乳を活用すると思います。